HOME>企業情報>ご挨拶、会社概要、会社沿革、アクセス

企業情報

:ご挨拶

平素より弊社の製品をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。代表取締役 橋 本 勉代表取締役 橋 本 勉

弊社は昭和24年(1949年)4月に有限会社日本メタルホース製作所として福井県大飯郡おおい町で産声を上げ、旧本郷工場で銅合金、ステンレス、鉄製のインターロック型フレキシブルメタルホースを製作し、販売を始めました。

その後、銅合金によるシームレス型フレキシブルホースの製造(昭和28年/1953年)、日本初の製鐵所転炉用酸素ホースのインターロック型での製造(昭和32年/1957年)、そして日本初の極薄肉ステンレス鋼帯の溶接造管(昭和33年/1958年)に成功しました。

続いてロール成形法によるステンレス製薄板ベローズ式伸縮継手の製造と、新幹線計画に伴う車両エアブレーキの空気繰出管を銅合金で製造(共に昭和34年/1959年)に成功するなど、昭和30年代の高度成長期の顧客ニーズに対し研鑽を重ね、業界のフロントランナー的役割を果たしました。

昭和40年代に入り、液圧成形法によるベローズの製造(昭和40年/1965年)に成功し現在に至るベローズの製造方法を確立しました。

昭和50年代になると発電用大口径曲管圧力均衡型伸縮継手の製造(昭和50年/1975年)を開始し、舶用ディーゼルエンジン用各種伸縮継手の初の国産化(昭和52年/1977年)にも成功致しました。
 またその実績を基に防衛省向け艦艇主機ガスタービンエンジン用伸縮継手をニッケル合金鋼で製造し、初の国産化(昭和57年/1982年)にも成功致しました。

昭和58年(1983年)に社名を株式会社日本メタルホースへ改称後は、国内の造船所、舶用ディーゼルエンジンメーカー、発電プラントメーカー、製鉄所と各方面のユーザー様にご愛顧を頂き、着実に実績を重ねて参りました。

平成5年(1993年)2月より弊社初の海外生産拠点となる日中合弁会社上海永鑫波紋管有限公司を中国・上海に設立し、弊社の海外戦略の礎を築きました。これにより更に大型製品の対応が可能となり、石炭焚き火力発電プラントダクト用角型伸縮継手を始めとする大口径の伸縮継手の製造を開始致しました。

このようにお客様のニーズにお応えする形で、創業より60有余年の歴史を重ね成長して参りましたが、今後も未来を創造する技術の進化に貢献し、世界の人々の暮らしを支える企業となるという企業理念と、NMHモノづくり7原則という行動規範を胸に刻み、弛まぬ研鑽と挑戦を続けて参ります。
私達の生み出した製品で、もっと世界をつなげたい。 Joint the world
これからも私達、株式会社日本メタルホースにご期待下さい。

:会社概要

会社概要

名称
株式会社日本メタルホース
代表取締役 橋本 勉
創業
1949年4月1日
資本金
4,500万円
本社工場
〒919-2111 福井県大飯郡おおい町本郷28-2-1
TEL:(0770)77-0033 FAX:(0770)77-0171
営業本部
〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-33 大阪三井物産ビル4F
TEL:(06)6229-4546 FAX:(06)6229-4549
上海工場
上海永鑫波紋管有限公司 中国上海市宝山区錦秋路88号
TEL:+86-21-5668-2346 FAX:+86-21-5668-4012
URL
http://www.nmh.co.jp/
取引銀行
  • 三井住友銀行 西野田法人営業部
  • 日本政策金融公庫 大阪西支店
  • 商工組合中央公庫 大阪支店
  • 紀陽銀行 大阪中央支店
  • 伊予銀行 大阪北支店
  • りそな銀行 梅田支店
  • 福邦銀行 高浜支店
  • 尼崎信用金庫 港支店
  • 福井銀行 おおい支店
  • 香川銀行 大阪北支店
  • 池田泉州銀行 大阪西支店
  • 営業本部
  • 営業本部営業本部(大阪三井物産ビル4F)

:沿革

創業期

1949 年
有限会社日本メタルホース製作所として創業。
本郷工場にて銅合金、ステンレス、鉄製インターロック型フレキシブルメタルホースの製作、販売を開始する。
顧客のニーズによる、顧客との共同開発
1953 年
銅合金鋼によるシームレス型フレキシブルメタルホースの製作を開始する。
1957 年
製鉄所転炉用高圧酸素用ホースをインターロック型にて我が国で初めて完成、納入を始める。
1958 年
極薄肉ステンレス鋼帯の溶接造管に業界で初めて成功する。
同時に、ワンピッチ型ステンレス製フレキシブルメタルホースの製造を開始する。
1959 年
新幹線車両エアブレーキの空気繰出管を、銅合金製フレキシブルホースにて研究に着手し完成する。同年製造を開始する。
1960 年
ステンレス製楕円型ベローズ及び角型ベローズの製造を開始する。
1965 年
液圧成形法によるベローズの製作に成功する。
1968 年
極薄多層ベローズの開発に成功する。
1975 年
川崎重工業株式会社殿の製鉄所向け炉頂圧回収タービン発電設備(TRT)用の大口径曲管圧力均衡型伸縮継手を製造、納入する。
顧客のニーズによる、顧客との共同開発
1977 年
川崎重工業株式会社殿、日立造船株式会社殿のB&W型ディーゼルエンジン用各種伸縮継手の初の国産化に成功する。
1982 年
川崎‐ロールスロイス艦艇主機ガスタービンエンジン用伸縮継手を、ニッケル合金鋼にて初の国産化に成功する。
顧客のニーズによる、顧客との共同開発
1983 年
株式会社日本メタルホースに改称。危険物施設用可挑管継手の型式認定を取得する。
1986 年
極薄肉自動溶接機の開発により、高品質の溶接管の製造を開始する。
1992 年
高速ワンピッチ型フレキシブルメタルホース成形機を開発する。
大口径ベローズ成形機を開発する。

成長前期

1993 年
上海異型鋼管股份有限公司と中国上海に日中合弁会社「上海永鑫波紋管有限公司」を設立する。
海外生産拠点の設立
1994 年
加圧送水装置用可撓管継手の型式認定を取得する。
1996 年
本社工場を移転。汎用ガスタービン排気管用伸縮継手の製造を開始する。
本社工場移転により生産規模の拡大
1997 年
三菱重工業株式会社殿(現 三菱日立パワーシステムズ株式会社殿)、株式会社IHI殿の石炭焚火力発電プラントダクト用角型伸縮継手の製造を開始する。
大型製品の製造を実現
2002 年
内面にフッ素樹脂をコーティングされたベローズの製造方法に関する特許を取得し、製作を開始する。
2003 年
極薄肉自動ベローズ縦シーム溶接機導入、製作を開始する。
株式会社川崎造船殿(現 川崎重工業株式会社殿)向けLNG船用低温フレキシブルホース(−163℃)を製造、納入する。(−163℃以下での低温耐圧試験実施)

成長中期 -転換期-

2006 年
株式会社IHI殿/CHINESE PETROLEUM CORP. 殿向けLNG貯蔵タンク内外装貫通ノズル用伸縮継手を製造、納入する。
2007 年
企業理念とNMHモノづくり7原則を制定する。
社内で共有する経営思想の確立
2008 年
株式会社日立製作所殿の工場監査を経て、大阪ガス株式会社殿向け溶接事業者検査対象のフレキシブルメタルホースを製造、納入する。
2009 年
IS09001の認証を取得する。
2010 年
ハイビジョンテレビ会議システムを導入し、本社工場と営業本部を結ぶ。サーバーを導入し、社内LANシステムを構築する。
コミュニケーションができる職場環境づくり情報を共有化する職場環境づくり
2011 年
川崎重工業株式会社殿向けKGガスエンジン用伸縮継手及びフレキシブルホースを製造、納入する。
2012 年
営業本部を大阪三井物産ビル(大阪市北区中之島)に移転する。
2014 年
川崎重工業株式会社殿/日立LNG基地向けLPG・LNG貯蔵タンク内外装貫通ノズル用伸縮継手を製造、納入する。
2015 年
株式会社東芝殿/四国電力株式会社殿向け溶接事業者検査対象フレキシブルホースを製造、納入する。

:アクセス

本社工場

〒919-2111
福井県大飯郡おおい町本郷28-2-1
TEL:(0770)77-0033
FAX:(0770)77-0171

  • JR若狭本郷駅 車で約5分
  • 舞鶴若狭自動車道
    大飯高浜
    車で約15分
    小浜西
    車で約15分

福井県大飯郡おおい町本郷28-2-1

営業本部

〒530-0005
大阪市北区中之島2-3-33 大阪三井物産ビル4F
TEL:(06)6229-4546
FAX:(06)6229-4549

  • JR大阪駅 徒歩約10分
  • 地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 徒歩約5分
  • 地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅 徒歩約3分
  • JR新大阪駅 車で約15分
  • 大阪伊丹空港 車で約25分

大阪市北区中之島2-3-33 大阪三井物産ビル4F

上海工場

上海永鑫波紋管有限公司
中国上海市宝山区錦秋路88号
TEL:(021)5668-2346
FAX:(021)5668-4012

上海工場

問い合わせフォーム